D300 @ 6F「アコースティカルな音の融合」

D300のシステムコンセプトに関して、企画室の佐藤がそれぞれのセットアップ担当者に話を聞いてみました。D3006F■スピーカー : Sonus Faber <OlympicaⅡ> ¥1,150,000(ペア)
■パワーアンプ : YBA <Genesis Power6> ¥790,000
■プリアンプ : YBA <Genesis Pre5> ¥890,000
■CDプレーヤー :YBA <Genesis CD4> ¥650,000

合計¥3,480,000

企画室 佐藤:このシステムに関して、それぞれのコンポーネントに関する記事は読んだんだけど、それらを組み合わせると、どんな魅力がありますか?

5555/6F 武田:”生々しさ”と言えるかもしれないですね。レンジの広さを売りにした製品って今、世の中にすごく多いように思うんですけど、YBAは初めて聴いた時から、そういうものとは一味違う音の力強さを感じましたね。

IMG_9060.JPG

佐藤:なるほど、そういう意味ではSonusのスピーカーにもそういう印象があるね。つまり武田君にとって、音楽の中心になるコアの音がしっかりしていることがより重要ということだね。YBAのプレイヤーにはレーザー読み取りの補助として内側にブルーのダイオードを使っているそうだけど?

IMG_9061

武田:そうです。確かにちょっと音が変わるような気がするんですよね。上から覗くとちょっとだけ見えると思いますよ。

佐藤:ああ!いつもちょっとだけディスクの蓋が開いてて気になってたんだけど、もしかしてその光を見てもらうため?

IMG_9064.JPG

武田:いえ、あんまり人に言わないようにしてるんですけど、それは蓋を全部閉めると中の気流が窮屈になっちゃうみたいで、ちょっとだけ開けて解放してあげてるんですよ。

佐藤:やば!ははは。面白い!

武田:ふふふ。まぁ気分が大事というか。ちなみにYBAは関東だとここでしか聴けません。D300で是非聴いてみてください。

D300は4月29日から5月7日まで5555店で開催いたします。上記システムのお問い合わせは5555店6Fまでどうぞ。

広告