System No.014<空間が鳴る>

<視覚と聴覚で異なるスピーカーの存在感>

IMG_7079

[ SYSTEM COMPONENTS ] システム構成要素

[ SYSTEM CONCEPT ] システムコンセプト

「優れたデザインとは、成るべくして成る」

天高く舞い上がる鳥の翼も、咲き乱れる花々も、自然界で形状される形は、成るべくしてその姿を作ります。一見すると、まるで地球外物のようなVividAudioのGIYAシリーズ。

異形とも言えるGIYAの設計者ローレンス・ディッキーは、かの伝説級スピーカーB&W「Nautilus」の設計者として名を馳せ、以降、南アフリカに制作拠点を置くVivid Audioに席を移し、さらなる進化を遂げたスピーカーを作り上げています。

今、GIYAを使って頂いている方々は、始めてGIYAを見た時、こう言いました。

「冗談のような形だね」

「まじめに作っているの?」

しかし、GIYAから発せられる音楽は、目の前に広大なステージを広げ、バイオリンのピアニッシモからティンパニーの地鳴りのような存在感を表現します。

統一されたアルミユニットは自然と耳に入る音を奏で、スピーカーの存在は消えます。

一目見たら忘れることの出来ないその形状はエンクロージャーが作る反射や反響を限りなく“0”の極致へ高めた形。

それはまるで魔法のようで。

合わせるアンプとして、かつて同輸入元が扱い、上品な音色と色気を持つGOLDMUNDのインテグレ―デッドアンプ「TELOS390.5」です。

VividAudioと抜群の相性を持ち、広く多くの方にご愛用頂いているブランドです。

この組み合わせに送る音楽ソースは現在一体型SACD/CDプレーヤーとして世界最高クラスの読み込み性能を有するVRDS-NEOを搭載した、国産プレーヤーの雄ESOTERIC「K-01X」

現代オーディオシステムの代表格達で組み合わせたワンシステムをお楽しみ下さい。

[ MUSIC ] こんな曲を聴いてみたい

ベートーヴェン:序曲集 SIR, COLIN DAVIS指揮  バイエルン放送交響曲楽団

Tr,5 「エグモント」序曲

地面を這う黒い影のように広がるエグモント伯爵の悲しみが弦の重層となり、そしてパルスのように生まれては消える人の感情のような管楽器。最後は断頭台に上る勇ましき勝利の交響曲がまるで、舞台を見ているかのように感情が流れ込みます。これが出来るのは、極限の情報量と質を持っているこのシステムならではです。

James Blake;James Blake

Tr,6「Limit To Your Love」

クラシックとは対照的に、人工的に作られた音場感を余すことなく表現できるのもGIYAの魅力です。

YMOのライディーンの空間を変わりこむような音の作り方もさることながら、このJamesBlakeは現代アーティストとして最たるものです。

「スピーカーを鳴らす」のではなく「空間を鳴らす」イメージによくハマります。
ダイナミックオーディオ 5555 4F
担当:天野 洋介

広告